子供の踵(かかと)の痛み『シーバー病』について

お子さんが『かかとが痛い』という場合 気をつけて欲しいケガがあります

それが『シーバー病』です 。

シーバー病とは日本語では 踵骨骨端症(しょうこつこったんしょう)のことで

英語でSever diseaseと書くのでセーバー病ということもありますが 今回は『シーバー病』とさせて頂きます このシーバー病は 10歳前後の子供に多く発生します

踵( かかと)の骨は子供の頃には 骨端線という軟骨で出来ており 物理的に弱くなっていてこの部分に繰り返す力が加わると この骨端線に傷がつき痛みが発生します

ちなみにこの骨端線は成長するうえで非常に 重要な場所でこの部分から骨が成長する場所なので 最悪、成長障害の原因になることも考えられます このシーバー病の症状は 『かかとの痛み』です 最初はスポーツをした時のみに痛みが出ますが 状態が悪くなると歩くだけでも痛くなるケースもあり 足を地面に付けるだけでも痛みがでてしまうことも 放置しておくとなります

 対処方法として まずは『患部の安静』です スポーツが原因となっている場合は一度 その原因となっている運動を休止する必要があります 『試合が近いから休めない』 という場合があると思いますその場合は ある程度サポーターやテーピングなどでも 対処可能ですがもちろん運動を続けることによって 痛みが強くなったり、状態が悪くなることも考えられます

 原因は、スポーツ動作の量、意外にも 足の歪みやアキレス腱の硬さ 重心バランスの偏りなどもあります 休息によって痛みが一時的に減っても スポーツを再開すると『再度痛みが出る』 ということにもなりかねません

  根本的な改善として 足の歪み・アキレス腱の硬さ、重心バランスの偏り など身体の癖の改善が必要となります 同じ踵の痛みでもアキレス腱炎や足底腱膜炎などの可能性があります お子さんが『踵(かかと)が痛い』と言った場合は 早めに医療期間への受診をしましょう

 参考文献 Static and Dynamic Plantar Pressures in Children With and Without Sever Disease: A Case-Control Study Sever disease: Intervene early to relieve symptoms E Boutwell

地図をクリックすると駐車場などの詳細情報が見れます。

当院の営業日(時間外、急患の方はLINE公式アカウントよりご相談ください)

以下のカレンダーをクリックすると電話がかかります。

オンラインで簡単予約出来ます。

質問はLINE公式アカウントからお気軽に!(予約も出来ます)

PAGE TOP