宜野湾スポーツ接骨院 ロゴ画像

沖縄県、宜野湾市にある「宜野湾スポーツ接骨院」。スポーツでのケガ・障害・コンディショニング・予防対策など、20年以上の経験のある院長が科学的根拠をもとに最善の施術をご提供致します。

宜野湾スポーツ接骨院 トップ画像


四十肩、五十肩について

 四十肩・五十肩は急に肩が痛みで挙がらなくなったり、肩が硬くなり動かしにくいなど、症状が様々です、その明らかな原因は未だ判明されていない謎の多い疾患です、整形外科などの病院ではレントゲンにもMRIに特に異常がない場合に『肩関節周囲炎』と診断を受けることがほとんどで、病院によっては湿布や痛み止めを処方され放置ということも多いようで場合によっては肩がさらに挙がらなくなるということもあります

そんな四十肩・五十肩についてまとめ、当院での施術方法をお伝え致します

名称について
  名称の由来は明らかになっていませんが、40代でこの症状が出ると四十肩50代で発症すると五十肩と呼ばれます、医学的には『肩関節周囲炎』肩の周辺に何かしら炎症があるというおおまかな病名が付けられています

変化する症状
 症状が時期によって変化することが多いのも特徴で、また対処方法もその時期に応じて変わってきます

 疼痛期
 前触れもなく突如痛みが襲ってくることが多いようです、痛みが強いと夜も練れない(夜間時痛)などの症状も出現します、約1ヶ月間続くこともあるのでこの時期に病院にいくなどして診断されることが多いです、対処方法としてはこの時期には基本的には安静が中心となり、可能であれば棒体操テーブルサンディングを可能な範囲で行うことが、次に起こる拘縮期を最低限に抑えることになります



    棒体操


    テーブルサンディング

 拘縮期
 疼痛期が治ると次に起こるのが拘縮期です、これは、肩の可動域が著しく硬くなってしまうことで肩が動かすことの出来る範囲が極端に狭くなってしまいます、服の更衣動作・洗濯物の取り込み、つり革につかみにくなど、日常生活で不便なくらい動作が困難なケースは稀ではなく発生します、個人差がありますが約1ヶ月から3ヶ月ほどこの時期は続きます、実はこの時期のリハビリが重要で積極的に行わないと肩の可動域が一生狭い、肩が動かしににくくなるということが発生します

 緩和期
拘縮期の次に起こるのが寛解期となりますが、拘縮期で積極的にリハビリを行っていないと筋肉や関節の周辺の靭帯などが硬くなってしまうとこの時期での大きな改善は見込めません、近年整形外科などでは麻酔下で関節を広げるサイレントマニピュレーションという外来で出来る手技が流行ってきており、施術の効果が高いようです

四十肩・五十肩と間違われやすい腱板断裂
 症状としてよく似ているケガが肩の腱板断裂です、肩の奥にある腱板という筋肉が切れてしまうというケガです以前に記事で書きましたが60歳以上の3分の2の割合で自然に切れているいるという報告もあり、40代でも多くは無いですがスポーツをしていたなどの肩を酷使している人はこの腱板が切れているケースがあります、リハビリや対処の仕方が異なってくるので超音波エコーや、MRIでの検査をお勧めいたします

その他気をつけるべき疾患など
 四十肩、五十肩と症状似ていている病気はたくさんあり、特に心臓の疾患、心疾患は要注意で肩に痛みがでる関連痛が特徴です、その他、頚椎に疾患、頚椎ヘルニア、頚椎症、胸郭出口症候群、なども気をつけたい疾患です、いずれも専門医による診断が必要になります

当院での施術方法
 当院では適切な医療機関と連携しながら、超音波エコーで確認し状況に応じた施術をさせて頂きます、疼痛緩和にはハイボルテージなどで疼痛を緩和しリハビリを行ったり、関節が硬い拘縮にはラジオ波で患部効率よく熱を与えながら効率よく可動域改善を促し、ショックマスター で腱板などの筋肉、靭帯の代謝を促すことで早期改善に導きます

四十肩・五十肩で困っている!という場合は一度当院までご相談下さい

参考文献
Prevalence of symptomatic and asymptomatic rotator cuff tears in the general population: From mass-screening in one village
Hiroshi Minagawa


********************************************



あなたの痛みの改善に
沖縄ショックマスター



営業案内はこちら
宜野湾スポラボ診療案内




施術メニューと料金案内はこちら



LINEでもご相談お受けします。
友だち追加




宜野湾スポーツ接骨院ロゴ