宜野湾スポーツ接骨院 ロゴ画像

沖縄県、宜野湾市にある「宜野湾スポーツ接骨院」。スポーツでのケガ・障害・コンディショニング・予防対策など、20年以上の経験のある院長が科学的根拠をもとに最善の施術をご提供致します。



『疲労骨折ってどうやって診断されるの?』

疲労骨折について書いています
疲労骨折は『診断が難しいケガ』ともされています
なぜかというと
普通の骨折と違い徐々に骨折が進み、ある日その痛みに耐えれなくなることが多く
その時点で病院に行くケースが圧倒的です

つまり『徐々に痛くなってきた』
ということです

そういう場合は医師は
病歴:発症の時期・痛みのある動作の確認・運動歴・競技歴など
症状の確認:痛みの場所や症状
などを『問診・視診・触診』で通常行います

それに加えて行うのが画像検査です画像検査には
・レントゲン検査
・トモシンセス
・超音波エコー
・骨シンチグラフィ
・MRI
・CT

などがあります

その中でも安全に症状の早期に利用できるのが
MRIと超音波エコーです
特にMRIはどの体の部分にも有効とされています

『疲労骨折にはMRI検査を』を覚えておいて下さい


“How is a stress fracture diagnosed? “

I’m writing about fatigue fractures
Fatigue fractures are also known as “injuries that are difficult to diagnose”
But why
Unlike ordinary fractures, fractures gradually progress, and one day they often can not bear the pain.
At that time the case to go to the hospital is overwhelming

In other words, “I’m getting hurt gradually”
about it

In that case the doctor
Medical history: time of onset, confirmation of painful movements, exercise history, competition history, etc.
Check for symptoms: location or symptoms of pain
We usually do by “interview, inspection, palpation”

In addition to that, it is image inspection
For image inspection
・ X-ray examination
・ Tomo synthes
・ Ultrasonic echo
・ Bone scintigraphy
・ MRI
・ CT

Etc
Among them, what can be safely used early in the symptoms
MRI and ultrasound echo
In particular, MRI is effective for any part of the body

Remember “MRI for fatigue fractures”

Thank you for reading to the end today

参考文献

内山英一:疲労骨折の治療と予防、臨床スポーツ医学.2015;32:404-411

Conservative treatment of lumbar spondylolysis in childhood and adolescence: the radiological signs which predict healing
K Sairyo