宜野湾スポーツ接骨院 ロゴ画像

沖縄県、宜野湾市にある「宜野湾スポーツ接骨院」。スポーツでのケガ・障害・コンディショニング・予防対策など、20年以上の経験のある院長が科学的根拠をもとに最善の施術をご提供致します。



足首の捻挫 (ねんざ) を早く治す方法

足首の捻挫(ねんざ)は
毎日1万人に1人の割合で発生し
全てのケガの中で一番多い
ケガとされいます

特にスポーツをする人は
経験がある人が多いのでは無いでしょうか?

今回はその足首の捻挫を早く治す方法をお伝えします

捻挫(ねんざ)の治癒促進方法の
重要な事として『適正な負荷』というものがあります

細胞レベルの研究では
『損傷部の適正な負荷は靭帯損傷の再生を促進する作用がある』
ということが明らかになっています

早期治癒にはこの
『適正な負荷』が重要だということになります


では
『何が適正か?』ということになりますが

それは
『早期の歩行』が重要となります

捻挫をしたら松葉杖をついたりギブスをまいたりするのになぜ?



という疑問が湧いてくるかもしれません

そこでさらに大きなポイントが

『患部の状況に合わせて歩行をしていくことが重要』
となります

ケガの状況は人それぞれで
腫れていても荷重を早期からかけれる人と
軽症に思えても荷重をかけない方が良い場合など
損傷の部位や程度によって様々です

病院などではギブスを1ヶ月したまま
ということがありますが
厳密に管理をしていけば
数日でギブスが取れて荷重が可能という場合もあります


この荷重方法や時期については
超音波エコーでの評価や、専門的な知識が必要となります
『試合が近いけど捻挫を早期治癒させたい』
という場合はお近くの専門家へ一度
相談をしてみて下さい



*捻挫(ねんざ)の場合、整形外科で診断後でも
接骨院での治療可能なケガとなりますお気軽のお問い合わせ下さい


参考文献

1)The Incidence and Prevalence of Ankle Sprain Injury: A Systematic Review and Meta-Analysis of Prospective Epidemiological Studies Cailbhe Doherty
2)
Archives of Family Medicine?1999; 8:143-8
3)
Functional management of ankle sprains: what volume and intensity of walking is undertaken in the fi rst week postinjury Mark A Tully,1