『お子さんの捻挫(ねんざ)骨折かもしれません』

接骨院(整骨院)には日常的に多くの
捻挫(ねんざ)の方が来院されます

特に足首の捻挫(ねんざ)は
病院よりも接骨院(整骨院)という場合が
少なく無いよう1)です

そこで気をつけて頂きたいことがあります

それは

『10歳以下の子どもの足首の捻挫(ねんざ)は、ほとんどが骨折している』

ということです
全世代164人の足首を強くひねった患者さんを分析した研究報告2)によると
10才以下の子供はほとんどが靭帯(じんたい)のケガではなく骨折であったとしています

子どもはくるぶしの部分が軟骨成分で出来ており
靭帯が損傷する『捻挫(ねんざ)』よりも
骨が折れてしまう『骨折』という場合が多いのが特徴です

では『足をひねってしまった』
という場合はどうしたらいいか?
ということですが

子どもの骨折の場合はレントゲンでは映りにくい
場合が多く、見落とされてしまうことは
かなり多いとされています

そこ有効なのが『超音波エコー』です
超音波エコーは靭帯損傷の細かい評価も可能ですし
靭帯損傷に伴う細かな骨折も検出することが可能です

『足をひねった』という場合は痛みが無くても
早めの超音波エコー検査をオススメします

参考文献 1)

エコーを用いた脚関節捻挫の診断ー外果裂離骨折と靭帯損傷との鑑別 /高橋

2)Avulsion Fracture of the Lateral Ankle Ligament Complex in Severe Inversion Injury Incidence and Clinical Outcome Naoki Haraguchi

地図をクリックすると駐車場などの詳細情報が見れます。

当院の営業日(時間外、急患の方はLINE公式アカウントよりご相談ください)

以下のカレンダーをクリックすると電話がかかります。

オンラインで簡単予約出来ます。

質問はLINE公式アカウントからお気軽に!(予約も出来ます)

関連記事

  1. スポーツ時の応急処置って何をするべき?!〜POLICEについ…

  2. 足首ねんざ癖を発見、簡単セルフチェック

  3. あなたの足首はどっち?年代別、足首のねんざor骨折のリスク

  4. 足首の捻挫をいち早く治したい方へ

  5. スポーツ時のアイシングって逆効果?!〜ねんざ・肉離れのアイシ…

  6. 捻挫(ねんざ)は癖になる?CAIについて

PAGE TOP