月経がスポーツ活動に影響する?!       〜女性アスリートの三主徴〜

皆さんは、『女性アスリートの三主徴(Female Athlete Triad(FAT))』についてご存知ですか?

『女性アスリートの三主徴(Female Athlete Triad(FAT))』とは、

  1. low energy availability(利用可能エネルギー不足)
  2. 無月経(運動性)
  3. 骨粗鬆症

の3つの項目のことを言い、女性アスリートの健康問題としてあげられています。

(女性アスリート指導者のためのハンドブックより引用)

①【low energy availability(利用可能エネルギー不足)】

energy availability(利用可能エネルギー)とは、
基礎代謝や日常活動に使用するエネルギー量で、
食事からとる摂取エネルギーから運動により消費されるエネルギーを引いた残りのエネルギー量
のことを言い、

『low energy availability(利用可能エネルギー不足)』
運動によるエネルギー消費量に対して、食事などによるエネルギー摂取量が不足した状態の事を指します。

エネルギーが不足してしまうと、自分自身の体を守る事が最優先になり月経が停止し、
その後、骨代謝などの機能に影響を及ぼし骨粗鬆症が発生してしまいます。

<スポーツ栄養士相談>

当院では、『食事を気をつけているが改善点が分からない』、『栄養素で何が足りていないのか知りたい』
という方などに向けて【スポーツ栄養士相談】も開催しています。
まずは、下記の投稿をご覧下さい。

②【無月経(運動性)】

『無月経(運動性)』とは、
月経が3ヶ月以上停止した状態で、運動が原因と考えられるものを言います。
発生する主な原因としては、

  • low energy availability(利用可能エネルギー不足)
  • 精神的・身体的ストレス
  • 体重・体脂肪の減少
  • ホルモン環境の変化


などが考えられます。

③【骨粗鬆症】

『骨粗鬆症』とは、
骨量が減少・骨組織の微細構造が変化し、骨が脆くなり骨折しやすくなった状態のことを言います。
若い女性でも、無月経になることで骨量が減少し疲労骨折が発生する危険があります。

<無月経と疲労骨折の発生の関与>

実際に陸上などの持久系、新体操やフィギュアスケートなどの審美系が
無月経と疲労骨折の発生が関与している可能性があると考えられています。
ですが、その他の競技でも発生する可能性は十分ありますので、注意が必要です。

(日本産婦人科学会より引用 2014年7月から3ヶ月間調査)

思春期における激しい運動やトレーニング体重制限無月経初経の遅延
骨密度の低下などが発生する可能性が高く、骨の成長や将来のアスリートとしての生活まで
影響を及ぼしかねません。

トレーニング強度・頻度の調整、体重のコントロール、また食事がしっかり取れているのかなど
自分自身での把握もそうですが、トレーナーや指導者も把握しておく必要があり、
また、思春期のお子さんはご家族など周囲のサポートが必要だと考えます。

3ヶ月以上月経が来ない(無月経)15歳になっても初経発来しない場合は
一度婦人科への受診をオススメ致します。

『婦人科に受診しづらい』、『疲労骨折になった事がある』という方は一度当院までご相談下さい。
私達は、皆様が楽しくスポーツ活動出来るよう全力でサポート致します!!

地図をクリックすると駐車場などの詳細情報が見れます。

当院の営業日(時間外、急患の方はLINE公式アカウントよりご相談ください)

以下のカレンダーをクリックすると電話がかかります。

オンラインで簡単予約出来ます。

質問はLINE公式アカウントからお気軽に!(予約も出来ます)

関連記事

  1. 月経がスポーツ活動に影響する?!      〜月経困難症編〜…

  2. 月経がスポーツ時の怪我の原因?!〜女性に多い怪我について〜

  3. 月経がスポーツに影響する?!          〜月経前症候…

PAGE TOP