運動時アキレス腱の痛みが気になる方へ

運動時アキレス腱の痛みが気になる方へ

 アキレス腱の痛みの原因として 『アキレス腱炎』というものがあります。


・アキレス腱炎とは  

アキレス腱はふくらはぎの筋肉の腱になりますが ふくらはぎの筋肉は足首を動かす際に使います 特に走ったり、ジャンプをしたりする際に ふくらはぎの筋肉が活躍します。『アキレス腱炎』はアキレス腱をジャンプなどで使用した際の痛みが主な症状となります。        

    【図、アキレス腱はふくらはぎの筋肉の腱です】


・なぜアキレス腱炎になるのか?

アキレス腱炎の原因はふくらはぎの筋肉の使い間違い、過度の使用で アキレス腱に負担がかかって痛みが出てしまいます、ベテランアスリートに多い傾向にあるのも特徴です。 


・実は炎症はしていない?

整形外科などでは超音波エコーやMRIで検査を行いますが実際、 エコーなどで検査をすると炎症反応がある例はごく稀で、 そのほとんどはアキレス腱が肥厚していることが確認されます 太くなるとなぜ痛みがでるか?に関してはまだ、明らかにされていませんが運動をしていてアキレス腱に痛みがある人は痛みのある部分のアキレス腱が明らかに肥厚しています           

【アキレス腱エコー画像】

・なぜアキレス腱が太くなるの?


『アキレス腱炎』がなぜ太くなるかは未だに不明ですが、cookらの研究によると古くなってしまった(変性)部分を正常な組織を補って太くなるとしています

       

【模式図、変性した部分を正常な組織が増殖することで補う】

・アキレス腱にストレッチは有効?

ではアキレス腱に対してどう対処したら良いか?ということですが予防や対処方法としてアキレス腱のストレッチなどがあります、以前よりアキレス腱の痛みにはストレッチが有効だとされてきています


       

  【アキレス腱ストレッチ】

ですが、残念ながら、このストレッチが有効な例はまだ若い人や痛み始めてまも無い人には有効ですが、 ストレッチ自体では残念ながら太くなったアキレス腱を細くすることは出来ませんので 根本的な痛みの改善にはなりません

・アキレス腱には対外衝撃波を

そこで、近年ではこの太くなってしまったアキレス腱に対して 体外衝撃波が有効であるとされており、痛みの改善に関しても 明らかに有効であるという研究データが出てきています
当院ではショックマスター という体外衝撃波を使用し 開院以来多くのアスリートやアキレス腱の痛みで悩む方に 施術をさせて頂いておりますが 施術後に明らかに痛みの軽減を感じ、

数回の施術で日常の痛みが消失し 数年も悩まされていた痛みから数週間で解放されます

肥厚したアキレス腱も明らかに細くなるのが 患者さんもすぐに実感できるほどです

  【図、当院の衝撃波:ショックマスター】


      


最後までお読み頂きありがとうございました

アキレス腱炎の治療は早ければ早いほど治りやすい傾向にあります。


少しでも気になった場合は、超音波エコー・体外衝撃波・運動療法が揃っている当院へ一度ご相談下さい

参考文献 )

Achilles tendinopathy

JL Cook, KM Khan, C Purdam – Manual therapy, 2002 – Elsevier

Is compressive load a factor in the development of tendinopathy?

JL Cook, C Purdam – British journal of sports medicine, 2012 – bjsm.bmj.com

Extracorporeal Shock Wave Therapy for Achilles Tendinopathy/Magdalena Stania

Ultrasound Examination of the Achilles Tendon/ReachJr.

地図をクリックすると駐車場などの詳細情報が見れます。

当院の営業日(時間外、急患の方はLINE公式アカウントよりご相談ください)

以下のカレンダーをクリックすると電話がかかります。

オンラインで簡単予約出来ます。

質問はLINE公式アカウントからお気軽に!(予約も出来ます)

PAGE TOP