ぎっくり腰って何?急性腰痛の対処の方法


”朝起きて、腰が!!!”

”荷物を持った瞬間に、腰が!!!”


何気ない動きで腰に激痛が出てしまうことを
ぎっくり腰』と言いますが

今回はその対処方法についてお伝えします。

内容〜

  1. 腰痛の原因
  2. ぎっくり腰の原因は様々
  3. こんなぎっくり腰は要注意
  4. 動いても良い腰痛と安静にした方が良い腰痛
  5. 腰痛の改善(運動療法)

1.腰痛の原因

腰痛の原因としては、脊椎・神経・内臓・心因性の5つに分類され、この中でも『特異的腰痛』『非特異的腰痛』に分類されます。

『特異的腰痛』は、①重篤な器質的疾患の可能性がある場合(骨折・感染・腫瘍など)、②神経症状を伴う場合(症候性の椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症など)で、『非特異的腰痛』は、明確な器質的異常や神経学的所見の異常がない腰痛の事を言います。

(非特異的腰痛のリハビリテーションより引用)

2.ぎっくり腰の原因は様々

 ぎっくり腰の痛みは様々で、はっきりとわかっていない場合もあります。中にはよく調べてみると”骨折をしていた””内臓の病気だった”など意外なものが原因だったりします。 
その為、『1.腰痛の原因』でご紹介した様に、『特異的腰痛』『非特異的腰痛』かを判断する必要があります。その判断も自分自身で判断する事は難しい事です。”ぎっくり腰になった事がある”という方は一度病院での精密検査や当院へのご相談をオススメ致します。

3.こんなぎっくり腰は要注意 

『ぎっくり腰だなぁ』と放置しておくと症状が悪くなってしまったり場合によっては、取り返しのつかないことになることもあります。特に気をつけて欲しい兆候をレッドフラッグサインと言いますが、この項目に該当する場合は要注意です。

 【図、腰痛のレッドフラッグサイン】



4.動いても良い腰痛と安静にした方が良い腰痛 

ではレッドフラッグサインにも該当せず、病院でも『急性腰痛:ぎっくり腰ですね』と言われた場合、どう対処をすると良いでしょうか?


多くの場合は安静にしておくというアドバイスをうけることが多いようですが、痛みがあるから寝るだけ、など動かないでいるとかえって長く腰痛がある場合もあります。


そこで試して欲しいのが『歩行(歩くこと)』です、歩いて腰痛が少しでもマシになるようでしたら軽い運動をする方が早く腰痛が改善されるケースが多いようです。

 『ぎっくり腰になったら、まずは歩いてみてみる』

ことをお勧めします

5.腰痛の改善(運動療法)

腹部には腹筋群がありますが、腹筋は4つの筋の総称を言います。
腹筋は表層から腹直筋外腹斜筋内腹斜筋腹横筋と並んでいますが、腰痛はこのインナーマッスルという深部にある腹横筋などの筋力低下も一つの原因と言われています。

腹筋群 版権:  / 123RF 写真素材
(腹部インナーマッスル)

通常の動作では、インナーマッスルが先に瞬時に作動し、協調的にアウターマッスルが働いて腰部を安定させています。ですが、腰痛がある方は動作時インナーマッスルが作動せず腰部の安定化を図らないまま、脊柱起立筋などのアウターマッスルが働き、筋や筋膜に過度な負荷がかかりぎっくり腰などの症状が出てしまいます。

複数の論文でも腰痛の運動療法は推奨されており、当院でも症状が落ち着いてきた時点でインナーマッスル強化のエクササイズを開始しております。


腰痛は症状であり、原因は一人一人違います。まずは、病院や当院にてご相談頂き、症状が出ている原因をハッキリさせてから運動を開始しましょう。

(インナーマッスルの筋力低下による腰痛出現のメカニズム)

今回は簡単にぎっくり腰(急性腰痛)について簡単に解説・対処方法をお伝えしました。

ご自身で

”判断が難しい”

”病院に行った方がいいのか?”

”接骨院で処置した方が良いのか?”

という場合は一度ご相談ください


(参考文献)

Meta-Analysis: Exercise Therapy for Nonspecific Low Back Pain

/Jill A. Hayden,

Koji Kaneoka:Motor control exercise for pain

関連記事

  1. 〜ぽっこりお腹が腰痛の原因に?!〜

  2. 腰痛について(疾患編) 〜②ヘルニアと姿勢〜

  3. 腰痛について 〜①ストレッチ?エクササイズ?〜

  4. 腰椎椎間板ヘルニア(姿勢・筋力編)〜腰痛シリーズ③〜

  5. 注意すべき腰痛『レッドフラッグサイン』について

PAGE TOP