注意すべき腰痛『レッドフラッグサイン』について


腰痛で整骨院や接骨院に行かれる方は多いのでは無いでしょうか。


マッサージやストレッチなどで改善する腰痛もありますが実は生命の危機に関わる問題や重大な障害が隠れていたりして放置したり間違った治療をしていると取り返しのつかない状態になる事があります。


腰痛には
内臓疾患や悪性腫瘍(ガン)、隠れた骨折など軽視できないものが原因の場合もあり注意が必要です
その注意をすべき腰痛の兆候を


レッドフラッグサイン 

と言います。

【図、腰痛のレッドフラッグサイン】


上記の表に当てはまるものは重大な病気やケガの可能性があり専門医の診察が必要になります。


ひとつでも当てはまれば、整骨院・接骨院ではなくMRIなどがある総合病院に一度行くことをお勧めしますその後、大きな問題はなくリハビリやストレッチ、トレーニングを勧められた場合は整骨院・接骨院で施術を受けても良いと思われます。

腰痛の場合レッドフラッグがあればまずは専門医へを覚えておいて下さい。

地図をクリックすると駐車場などの詳細情報が見れます。

当院の営業日(時間外、急患の方はLINE公式アカウントよりご相談ください)

以下のカレンダーをクリックすると電話がかかります。

オンラインで簡単予約出来ます。

質問はLINE公式アカウントからお気軽に!(予約も出来ます)

関連記事

  1. 腰痛について 〜①ストレッチ?エクササイズ?〜

  2. 〜ぽっこりお腹が腰痛の原因に?!〜

  3. ぎっくり腰って何?急性腰痛の対処の方法

  4. 腰痛について(疾患編) 〜②ヘルニアと姿勢〜

  5. 腰椎椎間板ヘルニア(姿勢・筋力編)〜腰痛シリーズ③〜

PAGE TOP